大工サン研修 見て歩き
大工サン研修の翌日は京丹後の名所めぐり。
e0191154_19574677.jpg
天橋立を遊覧船で渡ります。餌付けにカモメが群れてきました。
e0191154_19575204.jpg
日本三景のひとつ、天橋立「股のぞき」はケーブルカーで傘松公園から。
ケーブル駅出てすぐにも展望台が出来ていて足腰弱い方にもやさしい観光地に変わってました。
e0191154_19580168.jpg
さらに北上して波の立たない静かな内湾に佇む「伊根の舟屋」群を見学。
江戸時代の日本橋界隈もこのような造りの家屋がたくさんあったのかもしれないです。
釣り好きにはたまらな一体感。        
e0191154_20142906.jpg
お昼過ぎに舞鶴へ到着。漁港近くの「とれとれ市場」で新鮮な魚介類で食事。
蟹は生きてるまま売ってます。

この後、京都経由で研修バスは加子母へ。私は京都でおろしていただきました。
週末を利用してプチ京都観光に行きます。



[PR]
# by sokichi335 | 2017-12-01 06:55
大工サン研修
先週は年に1回の大工サン研修会に参加。現場きれい日本一のホリ建築様に訪問。
e0191154_19492870.jpg
日本一を目指してきた中で培われたノウハウ、奥深いものがあります。
e0191154_19461498.jpg
テキストからビジュアルへ世の中のアンテナがかわりつつあるところで先んじて見て判る仕掛けが。
e0191154_19454412.jpg
e0191154_19451562.jpg

有言実行の制服にその心差しが現れています。
e0191154_19393702.jpg
学びは真似るところから少しづつ取り込んでいきたいです。


[PR]
# by sokichi335 | 2017-11-30 19:55
2017富士ヒルクライム
4回目の参戦はチームジャージ一新で臨みました。
五十肩、腰痛かかえてタイム更新ならず。2時間16分33秒。
e0191154_10015114.jpg
体調管理と走り込み不足は自己責任ですが、寄る年波で劣化を自覚しながら無理しないレース参戦を続けたいです。
e0191154_10133228.jpg
スタート会場は過去最大の1万人で大混雑。5合目預けの荷物受付も6時ギリで間に合いトイレ行列も相変わらず30分待ち。7:55スタート。
レースコースは新舗装の箇所もあり昨年より走りやすい。
朝、宿泊先の外水栓で入れた水が悪かったか、10.5kの第1給水ポイントでトイレロス。
この段階で2時間切りは諦めた。
腹と腰の具合を相談しつつ最後のスパート。
ゴールゲートがない?計測ライン踏んで気が付く。
ゴール会場は陽射しなく寒い。こちらも大混雑。チームメイトと合流して下山。
24kmのダウンヒルを楽しみ、会場サービスの吉田うどんで〆。

終始混雑に悩まされたレースでした。
大会の運営も5000人位だと上手くいきそう。









[PR]
# by sokichi335 | 2017-06-13 09:56
100人のトランペット@上野公園
国立西洋美術館の世界遺産登録を記念してのイベント。総指揮は杉木峯夫先生です。
e0191154_08483200.jpg
東京スタイル1月オープンの際は杉木峯夫先生のファンファーレで幕を開けました。
柔らかに響く管の音色と紅葉の杜がドラマチック。
e0191154_08523848.jpg

[PR]
# by sokichi335 | 2016-11-22 08:44
伝統の未来展 銀座松屋
世界では明治以来のジャパンブームが到来するのか?
e0191154_15071899.jpeg
e0191154_15080230.jpeg
隈研吾氏の巨匠の浴室ブース。
e0191154_15102536.jpeg
弊社協賛は浴槽脇のスノコを再現。

e0191154_15112202.jpeg
現代作家の作品も多数展示、一般販売もされている日常に使うための道具たち。
e0191154_15163363.jpeg
ペラ木のアイススプーンが漆塗りで格調高く永く使える道具に変化するマジック。
e0191154_15190613.jpeg
会期は明日まで。

[PR]
# by sokichi335 | 2016-10-02 15:01